アスタキサンチンの効果効能

アスタキサンチン TOPアスタキサンチンの効果・効能 › アスタキサンチンの効果効能

内臓、肌、精神の元気を助ける万能抗酸化栄養素

アスタキサンチン 効果 効能アスタキサンチンは、カロテノイドの仲間で、サケなどの魚介類に多く含まれる赤い色素です。

カロチノイド系の天然色素はニンジンのベータカロチン、唐辛子のカプサイシン、トマトのリコピンなどの緑黄色野菜などに代表され、強い抗酸化力があることで知られます。

特に、アスタキサンチンの持つ抗酸化力はビタミンEと比較しても、約1000倍!!

「内臓、肌、精神の元気を助ける万能抗酸化栄養素」という呼び名もあながち嘘ではありません。

アスタキサンチンの幅広い効能

アスタキサンチンは、活性酸素の働きを抑制することで、血管を若く保つ効果があることが知られています。

また、免疫力の強化にもプラスの作用があり、ガン細胞の増加を抑えたり、体全体の免疫力の向上にもプラスになります。

健康にとってはとっても良い効果を複数持っているのがアスタキサンチンの良さですね。

キーワード: カロテノイド  免疫  効果効能  抗酸化作用